日常

【実例】バレイヤージュで失敗された髪を綺麗に戻す方法【ブリーチリペア】

  • twitter
  • facebook
  • twitter

本日も髪の毛に悩むお客様からメッセージが届きました。

お客様から頂いたご相談のメッセージは24時間以内に必ずお返事させて頂きますので、お気軽にご相談くださいね!

バレイヤージュ失敗したお客様からのご相談ですね。
ここ数年流行っているデザインであるバレイヤージュ
実は、思ったような仕上がりにならずに、失敗したと悩んでいる方が多いんです。

本日のお客様

まずは、本日のお客様のご来店時の髪の状態からみてみましょう。

バレイヤージュで失敗したお客様のBefore写真

ブリーチを使って明るくした部分と、ブリーチをしていない部分が合わさって、髪の毛が綺麗に見えない状態がストレスとのこと。

バレイヤージュが失敗されたと感じる原因

バレイヤージュで失敗されたと感じる原因

バレイヤージュで失敗されたと感じる原因は、
①ブリーチしている部分としていない部分の割合がイメージと違う
②顔まわりのブリーチ面積がイメージと違う
この2つになります!

ちなみにバレイヤージュ失敗は、誰にバレイヤージュをお願いするかで99%決まります。
こうした難易度の高いデザインは、InstagramなどのSNSで専門的に発信している美容師さんにお任せするのがおすすめです!

バレイヤージュで失敗されたお客様の横からのBefore写真

このように横から見るとバレイヤージュ失敗したと感じる理由がよくわかります!
顔まわり付近のブリーチの筋が太く、正面から見た時に金髪部分が目立ちすぎてしまうんです。

バレイヤージュやハイライトで失敗したと自分で感じる時は、顔まわりのデザインがイメージと違うことがほとんどです。

自分で後ろの髪の状態を見ることは、ほとんどないですからね!

つまり、顔まわりを綺麗に直すことが、失敗を直す最低条件ということ。

ブリーチリペアでしっかりと綺麗にしていきます!

髪質データ

  • バレイヤージュ1回
  • 細くて柔らかい髪質
  • 毛先が乾燥した状態

元々の髪質がよく、バレイヤージュをして髪色がまばらな状態でも髪にツヤがあります。

定期的に繰り返しているヘアカラーが原因で、毛先が若干乾燥しているのが気になりますね。

これまでの施術履歴

  • バレイヤージュは2〜3ヶ月前にした
  • 普段は2ヶ月に1回ヘアカラーをしている
  • パーマやストレートの施術はしていない

今回のお客様のような細くて柔らかい髪質の方は、髪色が抜けやすく、すぐに明るくなってしまいやすいのが特徴です。

バレイヤージュに失敗した方へのご提案

バレイヤージュに失敗したお客様の対処法①全体をブリーチする
バレイヤージュに失敗したお客様の対処法②ブリーチリペア

バレイヤージュ失敗してしまった時の対策は2つ!
①全体をブリーチすることで明るさを均一に揃える
②ブリーチリペアでバレイヤージュ部分の明るさを抑える
このどちらかになります。

ブリーチリペアで綺麗にすることは可能でしょうか?

お客様からのメッセージより

今回は、お客様のご要望であるブリーチリペアで髪の毛を綺麗にします!

仕上がり

本日の仕上がりがこちら!

バレイヤージュで失敗したお客様のafter写真

バレイヤージュ失敗によってできた髪色のムラがなくなりました!

バレイヤージュで失敗したお客様の横からのafter写真

顔まわりにあった太い筋状のバレイヤージュも綺麗に消えています!

バレイヤージュに失敗したお客様のビフォーアフター

1回のブリーチリペアで、バレイヤージュ失敗はかなり綺麗にすることができます!
またブリーチリペアの回数を重ねることで、明るくなりにくい落ち着いた髪色へと仕上げることが可能です。

まとめ|バレイヤージュで失敗された髪を綺麗にする方法

最後にバレイヤージュで失敗した時の対処法のおさらいです!

いかがでしたか?
近年のヘアカラーの流行もあり、バレイヤージュ失敗されたお客様からのご相談がとても増えております。
バレイヤージュをしたけど失敗したかな?と感じている方の参考になれば幸いです。


  • twitter
  • facebook